車両基地~ストラクチャー類の配置(2)/カント

電機機関区側のスチレンボードにグレインペイントを塗りバラストを撒きました。
f0131165_23403444.jpg




情景コレクションの時計塔を配置。
f0131165_23404637.jpg

蒸機機関区側にもバラスト撒き。給炭台の側壁高が高めで機関庫が少し隠れてますが。。。
f0131165_2341323.jpg

上から見るとこんな感じです。
f0131165_23411263.jpg

蒸機機関区工事を行う前に手前のカーブ部を造ってました。
f0131165_2341451.jpg

カーブ内側を木工用ボンドで固定し固まったら外側に徐々にカントがつくよう高さを変えたプラ板を挟んでいきます。
f0131165_2341277.jpg

この程度(2mm)の傾きですが…。
f0131165_23415650.jpg

線路間に石膏を流し込み。
f0131165_23415037.jpg

バラストやターフ等を撒いてフォーリッジクラスター、ターフをまぶしたライケンを接着しました。あとは架線柱や信号機、鉄道標識を配置していきます。
f0131165_23415849.jpg

by chikatetu-kanji | 2014-09-21 23:40 | レイアウト(第3期・上段) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://chikatetu.exblog.jp/tb/22976241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。