6日目

電車に乗ってザルツブルグへ



f0131165_2058137.jpg
地下鉄に乗ってウィーン西駅へ。

f0131165_2059495.jpg
ウィーン西駅です。ここで旅行会社の係員の人と会い切符等を貰います。今回のツアーの参加者も私たち2人・・・。別のツアーのほうも男性1人でした。ザルツブルグまでは電車で2時間ほどです。

f0131165_2114515.jpg
ミュンヘン行き、「ユーロシティ モーツァルト」号です。

f0131165_213598.jpg
客室は6人のコンパートメントです。

f0131165_21124455.jpg
コンパートメントの入口にはこのような札入れがあります。どこからどこまでの指定が入ってますよと知らせるものでこれが入ってないところは自由に座れます。私たちの部屋には美人の金髪女性が入ってきただけでした。

f0131165_21142858.jpg
通路はこんな感じ。

f0131165_21161841.jpg
途中から雪が降ってきました。

f0131165_21171866.jpg
途中停車駅のリンツに到着。金髪美人はここで降りていきました・・・。

f0131165_21185765.jpg
また雪です。

f0131165_21195537.jpg
ザルツブルグに到着しました。ここで現地係員の人に車で中心地のツアー集合場所まで送ってもらいます。
ウィーンから同じ列車できた日本人男性と3人で昼食を食べます。この方はザルツカンマーグントまで行くツアーに参加なんだそうです。この雪で大丈夫でしょうか???

f0131165_21284920.jpg
今回のツアー、なんとベンツで見物です。日本人の案内兼ドライバーの方に案内されて出発です。

f0131165_2131171.jpg
公園も雪で真っ白・・・。初雪なんだそうです。

f0131165_21323854.jpg
ヘルブルン宮殿です。この雪で見物客が見当たりません・・・。みやげ物屋も店じまいしたようです。
車を使ったツアーは終了。この後は自分の足でザルツブルグを巡ります。

f0131165_015402.jpg
ミラベル庭園のペガサスの像です。雪が止まず寒いです・・・。

f0131165_018477.jpg
大噴水です。

f0131165_019781.jpg
ドップラー効果で有名なクリスチャン・ドップラーの生まれた家。この街で生まれたんだそうです。

f0131165_0214427.jpg
隣にはモーツァルトの住居が。ご近所さんだったんですね。中の展示を日本語音声ガイドの助けを借りつつ見物します。この音声ガイド、まともに聴いたら1時間以上かかると先程の日本人ガイドの方が言ってました・・・。

f0131165_026261.jpg
ザルツァッハ川の向こうには旧市街が広がります。

f0131165_0275742.jpg
橋を渡って行ってみます。川を渡る風が冷たい・・・。右上には「麻将」の文字が・・・。そこは美術館で現代中国芸術の展覧会をやっているそうです。

f0131165_0301519.jpg
これはモーツァルトの生まれた家。自筆の手紙や楽譜が展示されてました。

f0131165_032156.jpg
右はザルツブルグ音楽祭の会場として有名な祝祭劇場、左はコレギエン教会の裏側、正面にある尖塔はザンクト・ペーター教会、山の上はホーエンザルツブルグ城塞です。

f0131165_036688.jpg
祝祭劇場の道路を挟んで隣にある馬の洗い場。祝祭劇場はもともと厩だったそうで。こんな豪華な建物に住んでる馬って・・・。

f0131165_038128.jpg
祝祭劇場の向かいにあるカフェで休憩。温かいコーヒーがホッとします。

f0131165_0401065.jpg
中心部にある大聖堂です。

f0131165_0452527.jpg
大聖堂の中。きれい・・・。

f0131165_0421139.jpg
レジデンツ(大司教館)の中庭。司教の住居だったそうです・・・。こんな豪華なところに住んでバチが当たらないのか心配です。

f0131165_047013.jpg
雪も止んでホーエンザルツブルグ城塞が見えました。時間がなくあそこまで行けなかったのが残念・・・。

f0131165_0482090.jpg
市内観光を終え駅から帰りの電車に乗るためにトロリーバスで駅まで向かいます。
わたし:トローリー!
みんな:おー!

f0131165_0501233.jpg
駅前にはCHAGE&ASKAのお店がありました(ウソ)。

f0131165_0511047.jpg
オーストリア国鉄の入替え機(かな?)。

f0131165_0522944.jpg
ザルツブルグ中央駅です。

f0131165_0533058.jpg
こんな電車がいました。かっこいいかも・・・。

f0131165_0543327.jpg
帰りは停車駅が多いのでウィーン西駅まで3時間ほどかかります。

f0131165_056064.jpg
ホームを歩いていた係員にこの列車には食堂車が付いているのかと聞くと「No」との答え・・・。しかしワゴンサービスがあると聞き特に駅では食料を調達しませんでしたが・・・。

f0131165_0582421.jpg
帰りの車両はオープンなボックスシートタイプ。電車に乗って待っていると先程一緒だった日本人男性が。ちょうどボックスの指定は私らだけだったんで3人で帰ることに。
出発してしばらくするとワゴンサービス(ガタイのいいおじさん)が来ました。まずはビール。何か食い物はないか聞くとサンドイッチが・・・。他につまみになるようなものはないみたいです・・・。日本の駅弁はその点すばらしいとつくづく思いました。
3時間色々話して過ごしました。一致したのは「醤油のきいた駅そばが食べたい!」

f0131165_171578.jpg
ウィーン西駅に到着。

f0131165_153794.jpg
向かいのホームにはカートレインが停車中。どこ行くんでしょう?日本にも昔ありましたよね、カートレイン。
この後、駅構内にアジアンフードのお店があると聞いて連れて行ってもらいました。途中まで同じ地下鉄に乗り、日本人男性と別れます。

f0131165_191960.jpg
夕飯はホテルに帰ってカップ麺とサーモン握り寿司とサーモン巻き。ウィーン最後の夕飯が・・・。マグロが食べたい・・・。

by chikatetu-kanji | 2007-10-20 23:59 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://chikatetu.exblog.jp/tb/6695627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クロポ415 at 2007-10-28 20:12 x
EuroCityの旅お疲れさまです。
車内の写真に写っているモミの木の袋・・・日本でもお馴染み(?)の「スパー」ですね。
Commented by chikatetu-kanji at 2007-11-03 23:56
そうです。
日本のスパーはコンビニですがあちらのスパーはスーパーでした。