カテゴリ:未分類( 6 )


明けましておめでとうございます

当ブログ共々本年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

by chikatetu-kanji | 2017-01-01 13:42 | Trackback | Comments(0)

今日の更新

木曜からの地震で九州が大変なことになって
いるようです。
今日は1日NHKを見ながらステッカー貼りをしてましたが、被害状況が映ると手を止め画面を注視してました。民放はなんか軽薄な感じがして中継を観ても嫌悪感を感じることもありました。
今夜はあちらは雨のようです。頻繁に余震も起きてます。何ら変わりのない日常を送ってる身から、大変でしょうがゆっくり休んでなんて薄っぺらい言葉を並べたところでそれは空虚なものでしょう。
被災された方々に心の平穏が一刻も早く訪れることを願っています。

by chikatetu-kanji | 2016-04-16 23:59 | Trackback | Comments(0)

それでは

皆様良いお年をお迎えくださいm(_ _)m
f0131165_22435691.jpg


by chikatetu-kanji | 2015-12-31 22:43 | Trackback | Comments(0)

整理

それでも前を向いて進まなければならないのです。
陽はまたのぼっていくのです。

by chikatetu-kanji | 2013-12-14 23:31 | Trackback | Comments(0)

さようなら

f0131165_19574520.jpg

先日趣味を通じて知り合った友人が亡くなりました。享年35歳、あまりにも早すぎる旅立ちでした。
病床にあっても悲観することなく退院したらあれをしようこれをしようと前向きに語り合っていたのが昨日のように思い出されます。
まだまだやりたかったことがたくさんあったでしょう。行きたかった場所、聴きたかった音楽、見たかった景色。志半ばで逝った彼の気持ちを思うと無念で悔しくてなりません。
人はいつか死にます。どんなに偉くてもお金持ちでも善人でも、です。彼の死というものがどのような意味を持つのか正直まだわかりません。
寒さが来てもやがては暖かくなり新芽が芽吹き、灰色掛かった景色が目が覚めるような新緑の季節に移ろっていきます。ただ彼が生きていた時間は永遠となってしまいました。
彼の冥福を心からお祈りします。また遺された方々の平穏をただただ願うばかりです。

by chikatetu-kanji | 2013-12-08 19:56 | Trackback | Comments(0)

無常というもの

昨日今日といとこのお嫁さんの葬儀に嫁を連れて参列してきました。
享年25歳。あまりにも早いと思います。
一度もお会いしたことがありませんでしたが最後のお別れの時には涙が出てしまいました。
妊娠中毒で脳溢血に陥り旦那さんをはじめとした家族の懸命の看護も空しくそのまま意識が戻らなかったそうです。
唯一救いだったのはお腹の赤ちゃんは未熟児ながら無事に生を受けることが出来たことでしょうか。
人生の儚さ、もしもこの世に神と言うものがいるのならばなぜこんなことになったのかという憤りのようなものを感じた週末でした。

晶太くんへ
ママは晶太君とすれ違うように旅立ったけどこれからはパパやおじいちゃん、おばあちゃんその他大勢の愛情を受けてすくすく育ってね。
暖かくなったら電車のおもちゃを持って会いに行くので宜しくお願いします。

by chikatetu-kanji | 2007-12-16 21:58 | Trackback | Comments(0)
line

鉄道模型や日々の雑感など・・・


by chikatetu-kanji
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31