カテゴリ:レイアウト(第3期・下段)( 216 )

中間駅~フレキの固定

ポイント周りのフレキを固定します。ゴム系接着剤を枕木に多めに塗り画鋲で仮止め。
f0131165_00100336.jpg

上にゴム製の厚い板を載せ重しにします。
f0131165_00100528.jpg

一晩乾燥させ仮設材を撤去しました。この後はバラストを撒きレールを塗装していく予定。
f0131165_00100661.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-07-10 23:59 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

中間駅~路盤構築(2)

数種類のスチレンボードを組み合わせ路盤を作っていきます。
f0131165_23324636.jpg

ホームは真ん中辺りから勾配になりました。
f0131165_23324782.jpg

本線とリバース線(高架下駅経由)を分けるポイント部分。フレキでグニャグニャになります。
f0131165_23324942.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-07-09 23:36 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

中間駅~路盤構築(1)

中間駅の路盤構築に取り掛かります。まずは線路を1本敷設し大体の位置を決めます。
f0131165_23111697.jpg

駅の前後にはPECOのフレキ(#80)を入れます。FINEではなく通常のもの。Tomixのジョイントを改造なしで接続できるので重宝してます。
f0131165_23111731.jpg

駅舎設置予定地は3cm嵩上げします。スタイロフォームを大まかにカットし木工用ボンドで接着。
f0131165_23111884.jpg

上に重しを置いて一晩乾燥。
f0131165_23111920.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-07-08 23:20 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

TomixのレールにKATOのホームを設置してみる

下段レイアウトには4箇所駅を設ける予定です。全てTomix製のホームだと変化に乏しいと思い、KATOのホームを一部に組み込んでみようと思います。
試しに島式と対向式ホームを1つづつ買ってみました。
f0131165_23142434.jpg

まずは両者のホーム高の違いを確認。Tomixが12mmに対し、KATOは14mmと2mm程高いです。
f0131165_23142686.jpg

TomixレールにTomixのホームを組み合わせ横から1枚。
f0131165_23142708.jpg

2mm厚のスチレンボード+TomixのレールにKATOのホームを組み合わせ。違和感が無く思います。
f0131165_23142743.jpg

続いては正面から。まんまKATOのホームを置くと車両とホームのすき間がありません。これはこれで本物っぽく見えますが…。
f0131165_23142805.jpg

Tomix同士だとすき間はこのくらい。
f0131165_23142924.jpg

KATOのカタログを見てKATOのレールの道床幅を算出したところ、24mmと出ました。よって2mm厚のスチレンボードを巾24mmで切り出し設置してみると下写真の様になりました。運転のことを考えるとこのくいのすき間は確保しといた方がいいかと思います。
f0131165_23143024.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-07-07 23:32 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

高架下駅(1)

本線から分岐した支線は貨物ターミナル方面へのレールを分け高架下へ。
f0131165_16490137.jpg

高架下に1面1線の駅を設けました。
f0131165_16490257.jpg

駅の先は180゜カーブを描き、
f0131165_16490350.jpg

勾配を登って本線と同じ高さになります。
f0131165_16490419.jpg

下段レイアウト初の試運転列車はE233系5000番台。
f0131165_16490569.jpg

高架下は暗いのでホームに照明を付ける必要があるかも。。。
f0131165_16490667.jpg

支線が登って本線が降る位置。パンタグラフ高をクリアするため既製品の橋脚を4mm嵩上げ。
f0131165_16490761.jpg


by chikatetu-kanji | 2015-07-05 16:44 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

高架橋延伸

高架橋を延ばしました。直線は複線スラブレール、180゜のカーブは単線高架橋を複線に改造したものを充当。
f0131165_00323310.jpg

ベランダ側から。こちら側の本線が繋がれば高架下駅と貨物ターミナル、中間駅の整備に取り掛かれそうです。
f0131165_00323457.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-27 23:59 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(6)

重しをどけてレールを敷きました。カーブの先には複線トラスを架橋。
f0131165_23190705.jpg

中央駅側も高架橋を延伸し単線トラスを架橋。
f0131165_23190834.jpg

複線トラス橋×1、単線トラス橋×2は先日のモジュオフ時にF氏から譲っていただいたもの。改めて御礼申し上げますm(_ _)m

by chikatetu-kanji | 2015-06-23 23:23 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(5)

左奥の路盤を造成します。
f0131165_23134077.jpg

3cm厚のスタイロフォームを50cm四方にカットし、Tomixの高架橋を定規替わりにして曲線になるようカッターでザクザク。
f0131165_23134131.jpg

二層積みにして高さ6cmとします。
f0131165_23134227.jpg

木工用ボンドで接着。重しを置いて一晩乾燥させます。
f0131165_23134296.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-22 23:22 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

橋脚の製作(2)

直径4.5cm程度の紙製の筒がありました。紙製と言いつつ結構丈夫です。ノコギリで切り橋脚にしてみました。
f0131165_22574505.jpg

並べます。実物換算でφ6750。後日塗装します。
f0131165_22574627.jpg

複線スラブレールを敷設してみました。
f0131165_22574751.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-17 23:35 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(4)

5mm厚の合板をグレーで塗装→バラスト散布→側壁取り付け。
f0131165_23060784.jpg

昨日の橋脚に載せてレールを敷設。
f0131165_23060825.jpg

この辺りは複線×2、車両基地アプローチ線、連絡線、トラム線と計7線が輻輳する予定です。
f0131165_23060946.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-16 23:32 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)