カテゴリ:レイアウト(第3期・下段)( 212 )

高架下駅(1)

本線から分岐した支線は貨物ターミナル方面へのレールを分け高架下へ。
f0131165_16490137.jpg

高架下に1面1線の駅を設けました。
f0131165_16490257.jpg

駅の先は180゜カーブを描き、
f0131165_16490350.jpg

勾配を登って本線と同じ高さになります。
f0131165_16490419.jpg

下段レイアウト初の試運転列車はE233系5000番台。
f0131165_16490569.jpg

高架下は暗いのでホームに照明を付ける必要があるかも。。。
f0131165_16490667.jpg

支線が登って本線が降る位置。パンタグラフ高をクリアするため既製品の橋脚を4mm嵩上げ。
f0131165_16490761.jpg


by chikatetu-kanji | 2015-07-05 16:44 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

高架橋延伸

高架橋を延ばしました。直線は複線スラブレール、180゜のカーブは単線高架橋を複線に改造したものを充当。
f0131165_00323310.jpg

ベランダ側から。こちら側の本線が繋がれば高架下駅と貨物ターミナル、中間駅の整備に取り掛かれそうです。
f0131165_00323457.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-27 23:59 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(6)

重しをどけてレールを敷きました。カーブの先には複線トラスを架橋。
f0131165_23190705.jpg

中央駅側も高架橋を延伸し単線トラスを架橋。
f0131165_23190834.jpg

複線トラス橋×1、単線トラス橋×2は先日のモジュオフ時にF氏から譲っていただいたもの。改めて御礼申し上げますm(_ _)m

by chikatetu-kanji | 2015-06-23 23:23 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(5)

左奥の路盤を造成します。
f0131165_23134077.jpg

3cm厚のスタイロフォームを50cm四方にカットし、Tomixの高架橋を定規替わりにして曲線になるようカッターでザクザク。
f0131165_23134131.jpg

二層積みにして高さ6cmとします。
f0131165_23134227.jpg

木工用ボンドで接着。重しを置いて一晩乾燥させます。
f0131165_23134296.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-22 23:22 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

橋脚の製作(2)

直径4.5cm程度の紙製の筒がありました。紙製と言いつつ結構丈夫です。ノコギリで切り橋脚にしてみました。
f0131165_22574505.jpg

並べます。実物換算でφ6750。後日塗装します。
f0131165_22574627.jpg

複線スラブレールを敷設してみました。
f0131165_22574751.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-17 23:35 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

レール敷設(4)

5mm厚の合板をグレーで塗装→バラスト散布→側壁取り付け。
f0131165_23060784.jpg

昨日の橋脚に載せてレールを敷設。
f0131165_23060825.jpg

この辺りは複線×2、車両基地アプローチ線、連絡線、トラム線と計7線が輻輳する予定です。
f0131165_23060946.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-16 23:32 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

橋脚の製作(1)

週末にホームセンターで直径3cm程度の丸い木の棒を買ってきました。必要な長さにカットします。
f0131165_23134135.jpg

余っていた1.2cmの角棒と組み合わせ門型の橋脚を製作。
f0131165_23134222.jpg

上の写真で1本だけ長いモノは下写真の左下に充当しています。後日塗装等を施す予定です。
f0131165_23134348.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-15 23:31 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

高架橋の製作(4)

パテ埋めした部分を含めグレーで塗装しました。
f0131165_20164418.jpg

レールは在庫品の旧道床レールを使用。カントを設けるため外側に30゜刻みで1mm厚ずつプラ板片を接着。レール内側のみ接着剤で固定します。
f0131165_20164630.jpg

裏側をネジ留め。余り締めすぎるとレールが波打つので抵抗を感じたところで止めます。レール間にバラストを撒いて完成。
f0131165_20164647.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-07 20:11 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

高架橋の製作(3)

余っていた単線高架橋を複線にします。
f0131165_00151283.jpg

中央の側壁が邪魔なのでレザーソーでカット。4つを接着しました。
f0131165_00151390.jpg

中央部分にパテを盛り乾燥後にサンドペーパーである程度平滑にしました。
f0131165_00151475.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-06-06 23:59 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)

配線変更

当初の計画では2階線が1階線の内側に来るような形でしたが、
f0131165_22314392.jpg

2階線を外側に変更します。ちょうど車両基地への引き込み線と重なります。
f0131165_22323995.jpg

解かりやすく引き込み線のレイヤーを消してみます。採用しないと言っていたダブルスリップポイントですが、修繕のノウハウを蓄積したのでやっぱり採用。但し修理を考慮してこの辺りは固定しないようにします。2階線と1階線の間に貨物ターミナルへの連絡線を敷設。この線を使って本線上でのリバース運転も可能です。
f0131165_22332783.jpg

中間駅・貨物ターミナル側の当初計画。
f0131165_22362837.jpg

2階線をそのままの高さで貨物ターミナル側に伸ばすことにより高架下にターミナル用地を確保することができます。
f0131165_22373342.jpg

by chikatetu-kanji | 2015-05-31 22:40 | レイアウト(第3期・下段) | Trackback | Comments(0)